×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



■岡山県瀬戸市・牛窓町の風景■


牛窓へは何度も行きながらようやく風景写真を撮ることが出来た。



牛窓にある「ホテル・リマーニ」のプール。
ここで結婚式を挙げるらしい。




ホテル・リマーニから見たのどかな牛窓の風景。
「日本のエーゲ海」という呼び名がある。
内湾は穏やかな海だが、少し沖に出ると海水の流れが急で、
魚の身がしまっておいしいと聞いた。
特産物はカボチャ。
手前の白い建物がリマーニ。
遠景中央、山の上にあるのか「牛窓ホテル」。




江戸時代に作られたという波止。
補強工事をしていたのですっかりコンクリートで覆われている。




リマーニ・内観。白い大理石が基調で、いかにもリゾートホテルという雰囲気。




観光史跡を巡る。

「唐琴の瀬」は満潮になりかけていて、あまり瀬という感じではない。
ここは地元の人がのんびり釣り竿を出しているところで、
その横で野性的な地元のネコが魚を狙っている。

正面遠景は「前島」
ものすごく近いがれっきとした島で、フェリーが通っている。


このあたりは「おおっ」と驚くものではないので、ホテルに宿泊した場合は
散歩で見て回るとちょうどいい。
近くに元中国銀行の建物が休憩所として開放されているので休憩もできる。




唐琴の瀬の近くにある何やら由来も調べていない史跡。
後ろに見えているのも史跡の櫓。




この日は岡山国体のヨットセーリング開催日?だったので、
牛窓のヨットハーバーには全国から真っ黒に日焼けした
学生たちが集まって来てにぎやかだった。




牛窓のフェリー乗り場にあるイルカ。
なぜか頭に天使が乗っている。




牛窓から東に向けて帰るとき、山陽道を利用せずに
「ブルーライン」を利用する。
以前は有料道路だったが、今はタダ。

写真はブルーライン屈指の、絶景の橋の上から撮ったもの。
眼下に入り組んだ海岸線や漁港、カキの養殖イカダなどが広がり、
夕景なども美しい。


2005年9月 撮影



up 20050915

戻る